外観

草刈作業を始める前に知っておいたほうがいいことはたくさんある

適切なものを選ぼう

芝刈り機

雑草などの草刈作業を行なう際には、きちんと合った道具を選ぶ必要があります。草刈り専用の機器には、手動のものと電動のものがあります。細かい作業のときには鎌などの道具、大量の雑草を刈るときには電動式のものを選ぶといいです。

View Detail

不要になった木を処分する

林

枯れてしまった木や、大きくなりすぎてしまった木などを処分することを伐採といいます。このような木をそのままにしておくと、周辺の人々や建物などに危害が加わる恐れがあるのです。そのため不要になった木は伐採をして綺麗にしましょう。

View Detail

木を綺麗に除去する

作業者

木の伐採をしたあとに残る根元の部分を除去する作業が抜根です。抜根を行なうときは、業者のほうに作業を依頼するといいでしょう。業者に依頼すると、根っこから綺麗に撤去してくれます。作業にかかる時間もそれほど長くないので安心です。

View Detail

タイミングが大事

鎌とはさみ

放っておくとどんどん伸びてきてしまう雑草。雑草が多くなってしまうと、せっかくの綺麗な庭の花々も台無しになってしまいます。美しい庭を演出するためにも、定期的に雑草の除去は行なっておく必要があるのです。きちんと手入れを行なわないと、草刈作業が余計大変になってしまいます。そのため、雑草は日頃からこまめに刈っておきましょう。草刈作業を行なうには、適切なタイミングというものがあります。作業を行なう最も適切なタイミングは、雑草が大きく成長してしまう前です。雑草は、大きく成長してしまうと材質が硬くなってしまい、刈りにくくなってしまいます。そうなると、作業がとても大変になってしまうので、その前に草刈作業を行なうことが大事なのです。また、逆に短すぎても良くありません。雑草がまだ短いときに作業を行なってしまうと、余計作業が体験になってしまいます。細かい草を除去していくため、通常よりも時間や労力を使ってしまう結果となります。そのため、草刈作業を行なう際には、適度な長さまで雑草が伸びてから始めるようにしましょう。

草刈作業を行なう際には、いかに効率良く行なえるかがポイントとなります。作業に使う道具にも様々な種類が存在します。道具の種類としては、鎌やヘラといった手作業をする際に使用するものや、エンジンを搭載した電動式のものなどが一般的となっています。作業範囲が狭い場合には、鎌などを使用するほうが作業しやすいですが、広い範囲を行なう場合には電動式の機械を使用して作業を行なうほうがいいでしょう。雑草の長さや生えている範囲によって、適切な機械は異なってくるのです。